2017ツールドフランス5日目 ツールドフランス第13ステージ

IMG_3238
寒い。。。
晩から雨になり、今朝は寒くて寝られませんでした。

IMG_3246
レースは午後からですし雨があがるのを待って11時くらいに出発。

IMG_3248
レースコースを辿る形で村の方へ戻ります。

IMG_3254
0km。スタート地点。

IMG_3252
とてもノリが良いです。
フランス人てちょっとプライド高くてとっつきにくそうな。。なんとなくそんなイメージがありませんでしょうか?
全くそんなことはなく、気さくでフレンドリーな人が多い印象です。
ワンちゃんまでカメラ目線なのが笑います。

IMG_3257
戻ってきました。

IMG_3265
メイン会場。

IMG_3269
網の向こうはセキュリティゾーンになっているのですが、眺めていると全てが大会関係者でもないようなのですね。
どこかの受付でチェックを受けてカードをもらえれば入れたのかなという気もします。

IMG_3270
観戦場所を探しているとニュースレポーターに捕まり取材タイムとなりました。
昨日もそうだったのですが、このコテコテのツアラースタイルはやはり目を惹くようです。
英語のインタビューを受けてあえて日本語で応えるという形式だったのですが、完全にテンパりましたねぇ。
あるFBに上がっているのですが恥ずかしいので非公開とさせて頂きます。。

IMG_3272
それにしても、声を掛けられる度に100%の確率でスペイン人かとまず聞かれるのですが、そう見えるんですかね。。
スペイン国境近くな場所柄もあるのかもしれません。黒髪だからとか、多分、消去法なんでしょう。

IMG_3278
さてさて、キャラバン隊がやってきました。

IMG_3280
これが見たかった笑

IMG_3282
エレクトリカルパレードではありません。

IMG_3297
スコダはチェコの自動車メーカーですね。

IMG_3291
人形のライダーでデフォルメされているのですが、西洋人のフォームってリアルにこんな感じなんで違和感ないですね。

IMG_3298
ハリボーは可愛いけどあまり美味しくないですよね。というか日本のグミが美味しすぎるんでしょう。
と言いながらバラマキはしっかり頂きましたが。

IMG_3304
いつの間にか山岳ジャージといえばカルフルールというイメージですね。
赤水玉柄のサコッシュが可愛かったのですがゲット出来ませんでした。

IMG_3325
一瞬、マクドナルドかと思ったら全然関係ない紛らわしさ。

IMG_3336
コフィディスはオシャレなサコッシュをくれました。

IMG_3338
パン屋。

IMG_3339
なのにパンを撒かない無能(ぉ

IMG_3348
ヴィッテル。弾数半端ないです笑

IMG_3350
うーん。この柵の向こうに入れている人が羨ましい。

IMG_3351
放水。有能。

IMG_3357
選手のバスがやってきました。大きい!

IMG_3362
昨日のゴールがここから100km以上離れたペイラギュード。
今日の午前を使って移動してきたのですね。

IMG_3373
サドルには計測チップのようなのが付いていますが、無いチームもあるのは何故なのか。
これくらいすごく小さく作れそうなのですが無くさないようにわざと大きくしているのでしょうか。

IMG_3366
それなりに抵抗になりそうですし見た目的にもなんか気になりますね。

IMG_3369

IMG_3383

IMG_3392
今時の機材もバイクも何も分からないので正直なところ「ほーん」という感想しかありません。

IMG_3395
パレードも終わったようなので観戦場所へ移動することにします。

IMG_3397
現在13時半。スタートは更に1時間後です。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

大島サイクリング 後編

P1000595
朝。

P1000590

P1000592

P1000594
キャンプ場周りを散歩。

P1000598
再び元町港の方へ戻り、今日は御神火スカイラインから三原山へ登坂開始。

P1000601
登るにつれて真っ白です。
下界は良い天気なのですが。
苦しすぎて頭も真っ白です。

P1000602
山頂まで真っ白。
40分42秒で完走。メーター読みで5.8kmで520mアップ。
最大勾配は15%の箇所もありました。白石よりキツイですね。

P1000604
富士山はやはり見えず。。
ここは富士箱根伊豆国立公園というのですか。そして東京都なんですよね。一体何処なんだか分からなくなりますね。

P1000622
下る頃に少しガスが取れてきました。

P1000635
心の穢れが浄化されていきますね。。

P1000639
妙に道が綺麗だなと思ったら災害で閉鎖され、去年開通したばかりだとか。

P1000643
車もまず通りませんしね。ヒルクライム天国です。
毎日ここを登れたら愉しいだろうなぁ。。

P1000647
しかし2本くらい登るつもりでしたが1本で完全にギブ。

P1000651
元町港をフラつき、温泉(昨日とは別の御神火温泉)でゆっくりするつもりでしたが第二木曜は休館日。がーん。

P1000672
走れもしないとなるとすることがありません。海の見える芝生でゴロゴロと。
実態は家のソファでゴロゴロしているのと変わらないのですが、青い空の下で風に吹かれていれば罪悪感も薄れ不思議と有意義にさえ感じます。

P1000675
お昼までダラダラしてフレンドハウス大島の食堂で昼食。
船の着かない元町港周辺の食堂は軒並み休業で見つけるのに苦労しましたよ。。

P1000673
旬の魚を唐辛子醤油でヅケにしたべっこう丼を頂きます。
謳い文句ほど唐辛子が効いていないのがちょっと物足りなかったですが十分美味でした。

image
14:30のジェット船で岡田港から帰京。
東京から100km程度というロケーションと一周50km近くある広さもあって、南の島らしいスペシャル感や離島ならではの情緒を求めると物足りませんが、その裏返しに思いつきでも足を運べる気軽さが最大の魅力ですね。
週末にちょっとリッチなサイクリングを計画したいと思った時など十分選択肢になり得そうです。

あとは八丈に行ってみたかったのですが、あ、台風来てますね。終わりましたね。。

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

大島サイクリング 前編

P1000478
ちょいと思うところあって、大島へ行ってきました。

P1000480
近頃は引きこもりの度が過ぎていて、無理にでも理由作って外に出よう。という側面もあります。。

P1000477
客船は運航していなかったのでジェット船で行きました。
片道6830円(ネット予約なら2割引)に輪行袋の自転車は1000円かかります。

P1000481
約1時間45分で到着。

P1000482
岡田港より時計回りでサイクリング開始。
発着は元町港、岡田港とあるのですが、波の影響を受けにくい岡田港がほとんどらしいです。

P1000483
今回はアディクトにアピデュラのサドルバッグを付けてライトパッキングスタイルとしました。
それでもソロテント、マット、シュラフ、一日分の着替えなどが詰め込まれています。
日帰りなのでクッカーはやめましたがそれでも入れようと思えば入ります。
それでもそれでも、軽いですねぇ。。まだまだ片手で持ち上がりますし。
オーロラにパニアを付けていた、あのヘヴィ度に比べれば「ロードバイク感」を全然保っていて軽快に走れます。

P1000486
島の光ってキラキラ見えます。同じ太陽なのにどうしてこうも違うのでしょうか。

P1000490
島の東側は生活圏では無いので車もほとんど走っていません。

P1000487
三原山へは少なくとも3つの登り口があるようです。
ここはそのうちの一つですがとりあえずスルー。

P1000492
砂漠があるようなのですが。

P1000493
ロードで進入するには辛そうなのでやめておきました。

P1000496
ずっと内陸側を走っていたのですが波浮まで来てやっと海岸線に出ました。

P1000498
目の前に切りこんでくる海が現われるとテンションがグンと上がります。

P1000502
大島一周道路を一本外れた「文学の散歩道」。

P1000501
大島らしからぬロマンチックさがあります。個人的にはここが一番お気に入りのスポットでした。

P1000506
海はそれなりに綺麗なように感じます。

P1000518
波浮見晴台。

P1000519
昭和30年、40年代、昭和天皇や当時の皇太子様(つまり現天皇陛下)も来島してここからの景色を眺められたとか。
記念碑が建っていました。

P1000523
ルートは西側に移り、波浮から元町への道に現われる地層断面。

P1000524
1万5千年分の噴火の歴史が積もっているそうな。完全にバウムクーヘン。

P1000531
元町を過ぎて三原山登山道から三原山ヒルクライム開始。

P1000536
いやぁしんどい。。
普段やってるローラー(というほど真面目にやってもいないけど)ってナンナンダロウっていうほど足が動きません。

P1000538
帰って来て色々調べている内に知ったのですが大島って去年の全日本のコースだったんですね。

P1000543
大袈裟では無く、500m起きに足を付きながら登ります。

P1000546
標高的には大したことないのですが見晴らしの良い道で、高原を走っているような爽快感があります。

P1000547
ゴール。
手元のメーターで距離9.6km、標高差490m、59分55秒のタイムでした。

P1000559
3つめの登山口、御神火スカイラインで下山します。
視界が良ければ富士山が見えるらしいです。

P1000564
海を背にするこちらの道の方が更に景色が良く、走り応えもありそうで明日が楽しみです。
(などと上から言えるほどの脚は全く無い)

P1000575
温泉に入ります。元町港の浜の湯です。
混浴なので水着着用(借りられます)で300円です。
写真はありませんが海が眺められる露天風呂で最高でした。

P1000587
再び波浮港の方まで戻り、トウシキキャンプ場でキャンプです。
ここは町営になっていて役場に申請すれば無料で使用できます。ありがたいですね。
ただし、海岸間際のキャンプ場なので非常に風が強いです。
ペグでしっかり張っていても飛ばされるんじゃないかと夜中ドキドキでした。

■70km 1405m up

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

ローラー30分 190W25分

P1000577
力は出ていないけど実走後ということもあってキツさはマイルド。
この流れで外走りを再開したいけど天気がずっと優れませんなぁ。。

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

2017ツールドフランス4日目 サン=ジロン

IMG_3119
さて、明日は観戦予定のツール第14ステージです。
この後のスケジュールについてずっと悩んでいました。

IMG_3121
今日はこのフォワの町の近くで泊まって、明日コル・ド・ラトラップの峠で観戦という予定でいたのですが、明日のスタートは14時半でとても遅いのですね。

IMG_3125
更に峠に集団が来るのはその1時間半後くらい。。待ち時間がもったいなさ過ぎます。半日以上、「待ち」です。
今日自体もほぼ行動終了となるので計丸一日潰えてしまいます。

IMG_3130
まぁサイクルロードレースってそういうものですし、「待ち」の高揚感なども含めて醍醐味なのですが、うーん、やっぱり考え直しました。
そこまで見たいかというとそうでもないし。旅行の副産物くらいなもので。
最終日にも見ますしね。

IMG_3134
そんなんで今日のうちにサン=ジロンまで移動し、ツールはスタートを観戦することにしました。
それでも半日潰れますが何も無い峠でずっと待っているよりは退屈しないでしょう。

IMG_3156
ということでフォワから40kmちょっと、明日のスタート地点のサン=ジロンまで来ました。
D117号を使ってきたのですが、なぜか交通規制の看板が。ここはコースではないはずなのですが。

IMG_3200
さてさて、フォワと違って祭り感がすごいです笑

IMG_3159

IMG_3193

IMG_3176

IMG_3182
やっぱりこうでないと。

IMG_3198
ganのブースではマッサージやらローラーやらをさせてもらいました。

IMG_3223

IMG_3202

IMG_3213

IMG_3221
普段は自転車とナンの関係も無いであろうブティックやカフェなんかが全力で盛り上げモードに入っているわけです。
これがツールの影響力なのかフランス人のノリの良さか分かりませんが感心します。

IMG_3209
一通り町を回って道を頭に入れ、買い物をして後にします。


IMG_3228
サンジロンから3kmほど走ったサラ川近くのキャンプ場。
今日も良い場所が見つかりました。6.5ユーロと格安。

IMG_3227
オーナーの猫ちゃん。

IMG_3235

IMG_3236
オフィスドツーリズムでもらいました。
ステージ毎に用意しているんでしょうね。

IMG_3231
今日もメロン。
そしてバーナーが壊れました。不完全燃焼になってしまうんですね。
吹きこぼしてから調子が悪いのですが乾かしても駄目でしてガスが悪いのかゴトクが悪いのか。。
今から火が使えないとなるとさもしい食事になりそうです。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

condle1

Author:condle1
旅するクライマー。

カテゴリ
ショップ

アピデュラ レギュラー サドルバッグ

新品価格
¥17,399から
(2016/2/22 10:29時点)

モンベル(mont-bell) フロントバッグ ブラック BK 1130385

新品価格
¥4,104から
(2016/2/22 10:34時点)

レベレイトデザイン ビスカチャ サドルバッグ ブラック

新品価格
¥21,750から
(2016/2/22 10:35時点)

最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター