2017台湾ツーリング3日目 車城~旭海

P1060026
朝。

P1060032
野良マンゴーを手に入れたので朝食にしようと思ったのですが、かじるとまだ全然熟れていませんでした。
見た目は赤かったのでいけるかなと思ったのですが。。

P1060035
国道26号線を南下して恒春の街で休憩。

P1060038
前回泊まった宿を偶然見つけました。
予約日を間違えて部屋に空きも無かったのですが無理矢理ねじ込んでもらえたのです。

P1060044
県道200号線に入ります。

P1060045
綺麗な川を見つけたので洗濯。

P1060046
何か視線を感じると思ったらじっとこちらを伺う黒い物体。
一体君たちはどこから湧いてくるのか。。
台湾のキャンプで怖いのは不審者とかより野犬です。

P1060049
今日はこの県道200号と国道26号をサイクリングします。

P1060052
台湾で感心するのが、ぼろい民家だらけの田舎でも学校だけはキレイなことです。

P1060059
県道200号は主要幹線道路ではありませんが舗装が良く車も少なくて最高に走りやすい。

P1060072
緩やかな峠道に入ります。

P1060077
猿が沢山いました。
見た目はニホンザルと変わらないのですが鳴き声が変わっていましたね。
猿といえば「キー」とか「キャー」とかなんとなくヒステリックなイメージですが、「ホー」みたいな感じ。

P1060085
ピークです。海がよく見えます。

P1060095
下って湾岸沿いの26号へ復帰。

P1060098
ここでも八八水害の爪痕が見られます。

P1060120
断言しちゃってもいいと思うのですが、この港仔~旭海間の26号線は台湾でも1、2を争う「サイクリングロード」ではないでしょうか。

P1060133
ロケーションの素晴らしさはもちろんなのですが、とにかく車、人がほとんどおらずサイクリストやバイカーと稀にすれ違う程度。店や民家もありません。

P1060146
小さな離島にやって来たような感覚です。

P1060129
近頃、頓に思うのですが「静かな所を走る」っていうのがサイクリングにおける最高の贅沢なんじゃないかと。

P1060110
景色だったり天候だったり道だったり、、サイクリングを気持ち良いと感じさせる要素は数多くありますが、その中でも「静かである」というのは相当に大きなウェイトを締めているのではないかと思うのです。

P1060136
地球に自分しかいなくなってしまったんじゃないか、そんな錯覚を覚えるような道に出会いたいですね。
関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

condle1

Author:condle1
旅するクライマー。

カテゴリ
ショップ

アピデュラ レギュラー サドルバッグ

新品価格
¥17,399から
(2016/2/22 10:29時点)

モンベル(mont-bell) フロントバッグ ブラック BK 1130385

新品価格
¥4,104から
(2016/2/22 10:34時点)

レベレイトデザイン ビスカチャ サドルバッグ ブラック

新品価格
¥21,750から
(2016/2/22 10:35時点)

最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター